合宿免許の特徴

Pocket

運転免許を取得するための学科・技能の教習は、教習所へ通って受けるほかに、教習所の運営する合宿に参加して受講するという選択肢もあります。それら2種類の方法には、各々に一長一短があるので、一概にどちらが良いとは言い切れません。したがって、通学と合宿のそれぞれの特徴を理解し、自身の特性に照らし合わせて、適切な選択をしましょう。

合宿免許の場合、短期間で集中的に教習を受けるようにスケジュールが組まれているために、免許を取得するまでに掛かる期間が短くて済むというメリットがあります。そのような利点を活かして、高校生や大学生が、春休みや夏休みに合宿に参加し、免許を取得するケースが多く見受けられます。ただし、合宿に参加するには、ある程度まとまった休暇を取る必要があるため、日常の生活に支障が出ないことを前もって確認しておくことが大切です。

また、合宿では、自分と同じように免許の取得を目指す人たちと共同生活をすることとなります。そのように、共通の目標を持つ人たちと出会い、助け合うことができるのも合宿免許の利点です。ただし、見知らぬ人たちと一つ屋根の下で暮らすため、通学と比較するとプライベートな時間が少なくなるという問題もあります。

≪参照資料≫合宿免許施設の情報を掲載しているポータルサイト|免許の匠
教習所情報のチェックから予約までできます。